CBD とは

妊娠中や授乳期にCBDを摂取するのは安全?NG?

投稿日:

CBD製品は、ストレスや痛みを含むあらゆる症状を感じている人々に愛用されています。うつ病などの気分障害からてんかんやニキビを含む肌トラブルなど、さまざまな症状を期待することができるCBDですが、妊娠中や授乳中の女性にとっても安全なのでしょうか?

この記事では、妊娠中や授乳中の女性が辛い症状を感じている時の緩和ケアのために、CBD製品を使用することが本当に安全かどうか調べました。

ご自身やご家族、お友達などあなたの大切な人の妊娠や授乳時に参考にしていただくための記事となります。

妊娠中のCBDの摂取は本当に安全?

残念ながら、現時点では妊娠中のCBD製品の使用についてはほとんど研究結果がありませんが、最新の研究にて専門家は「現時点では、妊娠中のCBD製品の摂取は避けた方がいい」と名言しています。

と言うのも、まだまだCBDは新しい物であり、大麻草やTHCが妊婦や授乳中の母親に与える影響についてはある一定期間研究がされていますが、CBDの研究については十分な結果がまだ出ていないためです。

アメリカの産婦人科専門医の団体『ACOG』は、「妊娠中または妊娠を検討している女性は、大麻草またはその副産物(医療用大麻草を含む)を使用しないでください。妊娠中に大麻草またはその副産物を使用すると、新生児の出生時の体重が少なかったり、その他の問題が起きる可能性があります」と公表しています。

ですがもし、あなたが妊娠中でこの記事を読む前に少量のCBD製品を摂取していたとしても、気にしないでください。なぜなら、大麻草の使用が妊婦と胎児に与える影響についての研究はすべて、妊娠中の女性の多用量且つ日常的な使用のみに注目しているためです。

もしあなたが妊娠中で辛く、CBD製品のような緩和ケアを試してみたいと考えていたら、必ず掛かりつけの担当医に相談してください。担当医や看護師、助産士さんたちが、症状に合う運動や食事方法や緩和ケアなどについてアドバイスしてくれるはずです。

妊娠中にCBD製品を使用することで起きるリスクは?

健康な妊婦とCBDに関する総合的な研究は、残念ながらまだ存在しません。しかし、どのCBD製品も妊娠中の安全性については考慮されていません。
母親が大麻草またはその副産物を使用した場合、その有効成分が胎盤を通過して胎児に達してしまう可能性があることが研究によって明らかになっています。また、妊娠中の母親の大麻草使用により、正常な胎児の脳の発達を妨げ、標準よりも身体の小さい赤ちゃんを産むリスクが高まってしまいます。最悪の場合、死産の危険性もあります。ですが、CBD製品だけで同じリスクがあることを示すデータは現時点ではありません。

CBD製品の市場はまだまだ新しく、規制も十分に整っていないのが現状です。THC、農薬、有毒な金属、有害な細菌など、成長している赤ちゃんや子供の近くに置いておきたくない物質で汚染されてしまっている『オーガニックで純粋』なCBDとして販売されている製品の症例報告が多数あります。

母乳育児中にCBD製品を使用するリスクは?

母乳育児中にCBD製品を使用するべきでない理由は主に2つあります。
1つ目の理由は、母乳育児中のCBD製品の使用についての研究はないものの、専門家は、『研究により、母親が大麻草を使用した場合、摂取された有効成分は母乳を通り抜け、幼児に影響を及ぼす可能性がある』と明言しているためです。
ですがこれは、あくまで大麻草の使用であり、CBD製品が授乳中の赤ちゃんにどのように影響するかを示す研究ではありません。

2つ目の授乳中にCBD製品を避けるべき理由。それは、CBD製品を使用すると眠くなったり少し酔っているように感じることがあるため。お子さんの世話をしている間は判断が損なわれる危険性があるので、授乳中にCBD製品を摂取することはおすすめしません。

妊娠中または授乳中、CBDの代わりになるものは?

妊娠中、あなたの身体はあなたの赤ちゃんのために温かく、育ちやすい環境を作り出します。そしてそれは同時に、妊婦にとって辛い症状を伴います。
あなたの身体の中ではホルモンが急増することによりホルモンバランスが乱れ、子宮内に水分を送るために体内の水分バランスが崩れ、赤ちゃんが大きくなるにつれ身体の内臓が圧迫されることにより、吐き気、不眠症、気分および不安障害を引き起こす可能性があります。そういった症状を感じた際に、ご自分の判断だけでむやみにサプリメントや医薬品を摂るのはおすすめできません。必ず掛かりつけの担当医に相談するようにしましょう。
この項目では、妊娠中の症状を緩和し、少しでも楽になるための方法を紹介します。

吐き気

たとえあなたがどんなに気持ち悪く、食べれないと感じていても、吐き気を抑えるために少しでも食べるようにしてください。通常、妊娠時は胃が空になった際に、吐き気を感じる傾向にあります。
少量のおやつや簡単な食事を頻繁に食べ、胃が完全に空にならないようにしましょう。もし、少量のおやつも厳しい際は、飴を舐めたり水分を摂るだけでも大丈夫。
水分も、スポーツドリンクなどの身体への吸収率が良いものがおすすめですが、糖分が多いので、摂取量には気をつけるようにしましょう。炭酸水は、口の中がさっぱりするので、吐き気を感じている時におすすめです。糖分も入っていないのでスポーツドリンクと交互に飲むようにするのも良いかもしれません。

クラッカー、バナナ、スープやおにぎりのように簡単に食べることができ、消化に良いおやつや食事を台所に置いておくようにしましょう。その際、辛いもの、揚げたもの、脂っぽい食べ物は避けるようにしましょう。
レモン汁や酢などの酸っぱい食品は、吐き気のひどい時にでも食べやすいので、酢の物や味付けの際に積極的に取り入れるようにしましょう。生姜や梅干し、ゆずなどのさっぱりとしたものを入れた雑炊や味噌汁、スープなどもおすすめです。

また、散歩やマタニティヨガのような適度な運動をすることにより、吐き気が軽減される場合もあります。

これらの方法を試しても改善されない場合は、医師に相談して、必要であれば処方薬をもらうようにしましょう。

不眠症

妊娠中に眠ることができず、温かい牛乳を飲んだり、お風呂に入り体を温めたり足のマッサージを試しても不眠症が改善されない場合は、妊娠時でも安全に飲むことができる処方薬について担当医と相談してください。
どんなに眠れなくて辛くても、担当医に相談することなく、ハーブティーやメラトニンを含む「ナチュラル」なサプリメントを含む睡眠補助薬の服用はしないようにしましょう。

不安とうつ症状

あなたがどんなに生まれてくる子供を思い幸せを噛み締めていても、いきなり不安を感じ、泣きたくなったり何かに辛く当たりたくなってしまうことがあります。あなたが強い不安やストレスを感じてしまう理由は、ホルモンバランスの乱れ、身体の変化、社会的な孤立、および睡眠不足のせいです。
では一体どうすればいいのでしょうか?
最新の研究で、妊娠時の気分障害には人と話すなどのトークセラピーや日光を浴びる光療法が有効ではないかと言われています。
自分自身が通常の状態ではないと気づき、改善のために何かをしようとするだけでも、気分障害の軽減に役立ちます。なぜなら、その行動自体がうつ病やPTSDなどの心的外傷後ストレス障害などに有効と考えられている「認知療法」の一環であるからです。

あなたがどのように感じているかを担当医や周りの人、ご家族となるべく共有するようにしましょう。
軽い運動をすることも、気分障害には有効と言われています。日光を浴びながら気軽にできる散歩やウォーキングなどがおすすめです。
ですが、どうしても改善されない場合は、担当の医師に相談するようにしてください。抗うつ剤の中でも、いくつかの種類は妊娠中でも安心して使用することができるタイプもあります。

「認知療法」とは:
人が成長するにつれ固定的な『思い込み』が形成され、それに基づいて歪んだ思考方法や考えが自然に浮かぶ自動思考が起こっており、そうした認知の歪みに焦点を当てて、認知を修正することで症状が改善されると考えられている心理療法。

まとめ

妊娠し、胎児を身体の中で育て、新生児を世話するということは、感情的にも肉体的にも大変な大仕事。身体が辛いことにより、精神的にもきつく感じてしまう人も多いことでしょう。ですが、くれぐれもCBD製品を摂取して楽になりたいという衝動に駆られないようにしてください。

今回調べた通り、CBD製品は現時点では妊婦や胎児にとって安全ではない可能性が高いことが分かっています。これからCBDの研究が進んだ際には、安全性が確立される可能性もありますが、胎児や乳児に与える影響のリスクを考えると、現時点では避けた方が無難と言えるでしょう。

妊娠時や授乳時の辛い症状を乗り越えるために、CBD製品ではなく、まずは今回ご紹介したその他の方法を試してみるようにしましょう。それでも改善しない場合は、担当の医師に相談するようにしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Sumiko

アメリカでの皆既日食の旅の際、ディスペンサリーやハーブショップを巡ったのがきっかけでCBDが気になるように。英語が得意でCBD専門コンテンツライター歴3年目(*^^*)

-CBD とは

Copyright© CBDMANiA , 2019 All Rights Reserved.