CBD とは

CBD(カンナビジオール)とは?どんなことに期待できるのか

更新日:

CBD(カンナビジオール) は大麻草に含まれる成分の一つです。THC(テトラヒドロカンナビノール)と共に代表される、大麻の主要な有効成分(カンナビノイド)です。

国際一般名は「Cannabidiol」となります。

この記事ではCBDについての理解を深めていただき、また今現在CBDに期待されること、研究されていることを解説します。

 

CBDとTHCの違いは何か?

まず両者の大きな特質として、

  • CBDは精神作用がない
  • THCは精神作用がある

となり、大きく異なるのが精神作用があるかないかになります。

CBDには乱用依存身体依存耐性の報告はありません。

しかしTHCにはカフェイン程度の依存性があり、アルコールに似た酩酊感・倦忘感、多幸感といった精神作用を及ぼします。これがいわゆるハイになったりキマった状態ということになり、THCの典型的な作用と言われています。

 

CBDで多幸感や高揚感を感じる?

上記した通り、CBDには精神作用がないのでハイになったりするようなことはありません

ですが、CBDは大麻由来の成分ですので違法性が気になる方もいらっしゃるかと思います。

それでは法律の観点ではどうなっているのでしょうか?

 

法律に抵触しないの?

はい、違法ではありません。

日本では大麻取締法がありますが、CBDは大麻取締法には抵触しません。その理由を見てきましょう。

 

日本におけるTHC

THCは多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬とされています。

向精神薬というのは生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称となり、精神科で用いられる精神科の薬や法律上の定義である麻薬などが含まれます。

そういったわけで、THCは法律に抵触するといえるのです。

ではCBDはどうでしょうか?

 

日本におけるCBD

CBDは大麻由来の成分ですから、それだけでは法律に抵触してしまうことになります。

ただし大麻取締法には、

「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

と記載されています。

つまり、成熟した大麻草の茎と種子から摂れるCBDは法律の抵触しないのです。

上記のような複雑な法律があるにもかかわらず、なぜCBDを利用する方がいらっしゃるのでしょうか?

 

なぜCBDを利用する人がいるのか?

CBDをご利用になられる目的は人それぞれ異なりますが、CBDMANiAへご来店なさるお客様の中には、薬や処方箋に頼りたくないナチュラル健康志向人が多いです。

体に取り入れるのはどうしてもオーガニックなものを選びたい。

また、様々な改善策を試したけれど良い結果にならず、医師にも頼ることができなく、困り果ててご来店される方も多いです。

様々なお悩みの方にご来店いただいておりますが、実際CBDにはどのようなことが期待できるのでしょうか?

 

どんなことに期待できるの?

当店にご来店いただきましたお客様の中にはCBDについて色々と調べてからお越しになられる方も多くいらっしゃいます。

それだけ悩みが深いのかと思います。そのようなお客様が抱えていらっしゃるお悩みというのは、例えば下記のような症状です。

  • 不眠症
  • 睡眠障害
  • うつ病
  • クローン病
  • 偏頭痛
  • PMS(月経前症候群)
  • ストレス(リラックス)
  • 禁煙
  • パーキンソン病
  • 歯ぎしり
  • 癲癇(てんかん)
  • ナルコレプシー
  • 多発性硬化症
  • 拒食症
  • 疼痛
  • 糖尿病
  • アルツハイマー

※これらの疾患に効果があるという意味ではありません。

などがあり、当店でCBD製品をお求めできたことに対して、非常に喜んでいただける機会が増えました。

 

CBDの研究でわかっていること

CBD は世界中で注目されている成分だからこそ、様々な機関や施設で研究がなされています。

2018年からWADA(世界アンチドーピング機関)が CBD を禁止リストから除外したことでも話題となりました。

当店 にもプロのスポーツ選手がいらっしゃったりもします。激しいトレーニングのアフターケアとしての利用も広がっています。

広範囲で多くの期待がなされている CBD ですが、CBDはわたしたちの身体の中でどのような働きをするのかなりませんか?

 

エンド・カンナビノイド・システムへの作用

わたしたちの体内には身体調節機能(ECS=エンド・カンナビノイド・システム)というのが備わっています。これは細胞同士のコミュニケーション活動を支えている機能となります。

主に食欲痛み免疫調整感情制御運動機能発達、老化神経保護認知記憶などの機能をもち、全身に分布しています。

中枢神経系では、ワーキングメモリー、睡眠パターン、鎮痛、摂食の調節、動機づけや快感の形成など、心理・行動に対する多彩な役割があると考えられています。

CBDや他のカンナビノドを摂取すると、そのエンドカンナビノイドシムテムが持つカンナビノド受容体にCBDやカンナビノイドが結合し、身体調節機能を良い状態へと導きます。

日頃の不摂生やストレスなどにより低下してしまった身体調整機能を、CBDを摂取することにより全身が再び整っていく方向に向かわせることができる、というわけです。

 

癲癇(てんかん)などの難病に役立つって本当?

CBDオイルが最も注目された理由の一つにトラベ症候群という癲癇(てんかん)に対してCBDが使用されたことでした。

2013年米国、当時5歳のシャーロットちゃんはトラベ症候群(てんかん)により1日に数百回の発作に悩まれていました。

いくつもの病院、治療法を試してみるも全く解決策が見えないなか、医療大麻の可能性を知ります。その当時には医療大麻への理解が全くなかったシャーロットちゃんのご夫妻。

医療大麻への知見を深め、てんかんに有効なのはTHCではなくCBDであることを知り、シャーロットちゃんのために特別に作られたCBDオイルを試してみることに。

するとどうでしょう?

それまで1日に数十回、ひどい時には数百回の発作が、1日に数回程度のレベルに。また継続して使用することで、完治まではせずとも、発作は1週間に数回程度まで減り、ごくごく一般的な生活を送れるようにまでなりました。

現在でも研究が進んでいますが、明らかに発作を抑えられると断言している医師もいるほど。CBDに対しての理解が世界的に進めば、私たち地球に暮らす生物全てにとって非常に重要なものとなるに違いありません。

それに合わせるようにWHO(世界保健機関)では大麻やTHCの規制の見直しに向けて加盟国らが話し合いに参加することを呼びかけています。

2019年3月には薬物依存に関する会議の開催を予定していて、そこでは大麻の規制の見直しが話し合われるようです。

CBDには大きなる可能性が秘められているのです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Natsuko

CBDアドバイザーとしてリアルな声をお届け。実際にCBDに助けられた私がCBDの正しい知識をご案内致します。日本初動物用 CBDオイル アドバイザーとしても活動中。

-CBD とは

Copyright© CBDMANiA , 2019 All Rights Reserved.