東京
〒110-0015
東京都台東区東上野2-19-9
東宝工芸社第三ビル5階

03-5846-4618

営業時間
月〜土 12:00〜21:00 (祝祭日営業)
日曜定休
【 完 全 予 約 制 】

※新型コロナウイルスの影響で営業自粛中

大阪
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9
BREEZÉ BREEZÉ 3F
博心堂ナチュラルワークス内

hakushindo.info@gmail.com

営業時間
月水木金土 11:00〜21:00
日曜・祝祭日:11:00-20:00
火曜定休
【 完 全 予 約 制 】

CBD オイルに含まれる「MCT オイル」とは?

製品情報

CBD オイルに含まれる「MCT オイル」とは?

投稿日:

Sheena
ハロー、ライターのSheenaです♩

CBDMANiAで販売しているいくつかのCBDオイルには、MCTオイルという成分をベースとして作られたものがあります。

もしかしたらTVコマーシャルなどでその名前を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実際にMCTオイルについて詳しく調べる機会なんてそうはないですよね。

そこで本記事では、MCTオイルの特徴や利用法について詳しく説明していきます。

MCT(Medium Chain Triglyceride)とは?

日本語では『中鎖脂肪酸』という意味であり、中鎖脂肪酸を多く含むオイルとして有名なのが、ココナッツオイルやパームオイルなどです。

そしてMCTオイルはこれらのオイルから、MCTだけを抽出して作った『中鎖脂肪酸100%のオイル』のことを言います。

中鎖脂肪酸 100% の油

油の主成分は脂肪酸です。

脂肪酸には『長鎖脂肪酸』と『中鎖脂肪酸』という異なるタイプがあります。

一般的な油(オリーブオイル、大豆油、バター、ラードなど)に含まれている脂肪酸は、分子の鎖が長い長鎖脂肪酸が含まれています。

一方で、分子の鎖が長鎖脂肪酸の『約半分』の長さであるから中鎖脂肪酸となるのです。

中鎖脂肪酸 100% の油

この中鎖脂肪酸はココナッツオイルやパームオイルといったものに多く含まれています。

ココナッツや母乳などに含まれる天然成分

ココナッツや母乳などに含まれる天然成分

中鎖脂肪酸はココナッツオイルやパーム核油に約60%含まれています。

ほかには母乳や牛乳にも含まれていますが、中鎖脂肪酸を多く含む食品は自然界にあまり多くありません。

ですので、取り入れようと思ったら意識しない限り摂れないものといえます。

では、MCTオイルを積極的に取り入れるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

天然成分である中鎖脂肪酸が含まれるMCTオイルの特徴についてみていきましょう。

MCT オイルの特徴

ココナッツオイルに中鎖脂肪酸が含まれるなら、ココナッツオイルを摂取すればいいと思う方もいるかもしれません。

確かにココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

ですが、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸で構成されているため、より効率的に中鎖脂肪酸を摂取できるということになります。

中鎖脂肪酸の特徴は簡単に説明すると次の通り。

  • 体脂肪になりにくい
  • 脂肪として蓄積されにくい

このように中鎖脂肪酸は『分解・消化が速く』素早くエネルギー源として使われます。

体内に脂肪として蓄積しにくいという特徴から、ダイエットに効果が期待できると注目されているのです。

それではもう少し詳しく特徴を見ていきましょう。

素早くエネルギー源として使われる

素早くエネルギー源として使われる

中鎖脂肪酸は他の一般的な油に比べて約4~5倍も早くエネルギーになると言われています。

中鎖脂肪酸
摂取する→肝臓に運ばれる→すぐにエネルギーになる

長鎖脂肪酸
摂取する→全身に運ばれる→貯蔵され、必要に応じてエネルギーとして分解される

このような代謝経路の違いから、MCTオイルは短時間でエネルギーになることがわかります。

もうひとつの特徴は体内に脂肪として蓄積しにくいことです。

体内に脂肪として蓄積しにくい

先述したように中鎖脂肪酸は短時間でエネルギーになることから、体脂肪として体内に蓄積しにくいということになります。

ダイエットをしていると油を減らそうと考えがちですが、『適度な油は体の潤いを守る潤滑油』としての働きを持ってるので、とても大切な栄養素です。

ですので、ダイエット中じゃない人もMCTオイルベースのCBDオイルを生活の一部に取り入れてみてください。

MCTはダイエット以外のシーンでも活用されています。

MCT はさまざまな分野で使用されている

  • アスリートの体づくり、トレーニングのサポート
  • 乳幼児の発育
  • 健康な体作り
  • 高齢者の方のエネルギー補給

このようにMCTは沢山の場面で利用されています。

さらに『ブドウ糖に変わる脳のエネルギー源』として注目されています。

認知機能の低下は脳のエネルギー不足と言われており、認知症の予防や改善についての可能性が期待されているのです。

また、MCTは長い間、医療現場でも利用されています。

医療現場で疾患への利用

医療現場で疾患への利用

MCTはその吸収の早さから、エネルギーを必要とする未熟児や肝臓病患者、てんかん患者、消化器系の手術後の消化吸収が低下した患者さんの栄養補給などに利用されています。

そしてその活用法は介護の現場にも役に立てられています。

介護現場で生活習慣病への利用

介護現場では年齢を重ねるにつれて食が細くなり、十分な栄養を摂ることがむずかしい方も少なくありません。

エネルギーになりやすいMCTは、こうした低栄養状態の方にとっての改善や健康維持に役立てられています。

これとは逆の考え方で、MCTオイルはダイエットにも効果が期待できるとされています。

ケトン体に注目したダイエットへの利用

ケトジェニックダイエットというダイエット法を聞いたことはありますか?

脂肪を燃焼させてくれるケトン体を生成するための脂肪が中鎖脂肪酸と言われています。

つまりそれはMCTオイルのことです。

糖質制限をされている方も、MCTオイルを取り入れることでさらに相乗効果を期待することができます。

MCTオイルは一般的な油と比べて、同じ量でなんと約10倍も多くのケトン体が作られるという研究結果もあるのです。

体内での吸収が早く脂肪として蓄積されにくいということから、『痩せるというよりは太る要素を減らしてくれる』ことにつながり、長期的に考えるとダイエットの手助けをしてくれるとても大切な要素と言えます。

健康維持やダイエットに興味のある方は是非、MCTオイルの含まれたCBDオイルを生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

製品情報

Copyright© CBDMANiA , 2021 All Rights Reserved.