CBD 製品におけるフルスペクトラムとブロードスペクトラムの違い

製品情報

CBD 製品におけるフルスペクトラムとブロードスペクトラムの違い

投稿日:

Ery
ごきげんよう~Eryです★

CBDMANiAで販売しているCBD製品の多くは、海外から輸入しているものを取り扱っています。

最近よく見かけるようになったのが”フルスペクトラム”や”ブロードスペクトラム”といった製品です。

あなたも一度はこの表記を見たことがあるのではないでしょうか?

そしてフルスペクトラムとブロードスペクトラムの違いって一体何がどう違うの?とも思っているのでは?

そんなあなたに、この記事では「フルスペクトラムCBDとブロードスペクトラムCBDの違い」について解説していきます。

是非、商品選びの参考にして下さいね♪

まずは、CBD製品としての明確な違いについて説明していきましょう。

フルスペクトラムとブロードスペクトラムの明確な違いは THC の有無

フルスペクトラムとブロードスペクトラムの明確な違いは成分です。

フルスペクトラム

大麻草の全ての成分が含まれる製品(THC含む:非検出レベル)

ブロードスペクトラム

THC以外の他のカンナビノイド成分やテルペンを含んでいる製品

THCというのは日本の法律で禁止されている物質です。

だからこそ日本においてCBD製品におけるTHCの有無は非常に重要であるといえます。

ではまず、THCが含まれるフルスペクトラムから解説していきましょう。

フルスペクトラムには THC が含まれる

フルスペクトラムには THC が含まれる

CBD製品におけるフルスペクトラムとは、大麻草に含まれる全ての成分を含んだ製品のことを言います。

フルスペクトラムとは英語で FULL SPECTRUM と表記し、言葉の意味は「全範囲」や「全領域」などです。

大麻草には100種類を超えるカンナビノイド成分やテルペン、フラボノイド、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂肪酸といった様々な成分が存在します。

次は、THCが含まれないブロードスペクトラムについて。

ブロードスペクトラムには THC が含まれない

ブロードスペクトラムには THC が含まれない

CBD製品におけるブロードスペクトラムとは、大麻草に含まれるTHC以外のカンナビノイド成分やテルペンを含んだ製品のことを言います。

ブロードスペクトラムとは英語で BROAD SPECTRUM と表記し、言葉の意味は「薬効範囲が広い」や「広範囲に使用される」などです。

このようにフルスペクトラムとブロードスペクトラムには明確な違いがあります。

では次に、定義について解説していきます。

フルスペクトラムとブロードスペクトラムの定義の違い

フルペクトラムとブロードスペクトラムの定義の違いは、先述した通りTHCの有無です。

ここでの解説は本来のフルスペクトラムとブロードスペクトラムの定義の違いについてになるのでご注意ください。

本来の定義と日本における定義は少し異なりますので、それを踏まえた上で読み進めていただけると理解しやすいかもしれません。

ではまず、フルスペクトラムから解説していきましょう♪

大麻草の成分がすべて含まれた製品がフルスペクトラム

大麻草の成分がすべて含まれた製品がフルスペクトラム

フルスペクトラムとは大麻草の成分がすべて含まれた製品とお伝えしましたよね。

FULL SPECTRUMという表記の通り全てが含まれるのです。

フルスペクトラム製品は超臨界二酸化炭素抽出法により大麻草の成分を抽出します。

溶剤やアルコールなどを使用することなく大麻草を加圧し、二酸化炭素によって低温で成分を抽出することによることで、余分な成分が含まれることなく成分のすべてが抽出可能となるのです。

その為、フルスペクトラム製品には、CBD・THCをはじめとした様々なカンナビノイド成分やテルペン、フラボノイド、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂肪酸といった、他の成分もすべて含まれます。

このように本来であればTHCを含む大麻草の全ての成分が含まれるものをフルスペクトラム製品と呼ぶのです。

では次に、ブロードスペクトラムの定義とは一体どういう事なのでしょうか?

THC 以外の成分が含まれていればブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムとは、フルスペクトラムからTHCを完全に取り除いた製品の事を指します。

ですので、超臨界二酸化炭素抽出法により抽出されたフルスペクトラム成分から、THCだけを取り除いたものをブロードスペクトラムというのです。

THCを含まないので「薬効範囲が広い」や「広範囲に使用される」というBROAD SPECTRUMになり、FULL SPECTRUMのように「全範囲」や「全領域」とはなりません。

では、日本における定義の違いとはどういうモノでしょうか?

日本におけるフルスペクトラムとブロードスペクトラムの定義の違い

日本におけるフルスペクトラムとブロードスペクトラムの定義の違いは上記とは異なります。

どうして定義における違いが出るのかというと、日本ではTHCが禁止されているからと想像することができますね。

まずはフルスペクトラムから解説していきます。

THC 以外に複数のカンナビノイドが含まれていればフルスペクトラム

日本ではTHCが規制されているため、流通しているフルスペクトラム製品はTHCを取り除いた(THC非検出レベルの)製品の事を指します。

本当ならTHCを含む大麻草の全ての成分が含まれるものをフルスペクトラム製品と呼ぶので、日本で販売されているフルスペクトラム製品は本来の姿ではないということ。

日本ではTHC以外に複数のカンナビノイドが含まれたものがフルスペクトラム製品となるのです。

例えば、CBD、CBDV、CBG、CBNが含まれた製品や、CBD、CBDA、CBGA、CBCA、CBCを含む製品など。

本来の姿ではないとはいえ、日本で販売されているCBD製品の中では最も多くのカンナビノイド成分を含む製品なのでポテンシャルが高いといえます。

では次に、ブロードスペクトラムについて解説します。

CBD 以外の成分がひとつでも含まれていればブロードスペクトラム

CBD 以外の成分がひとつでも含まれていればブロードスペクトラム

本来であればブロードスペクトラムとは、フルスペクトラムからTHCだけを取り除いた製品の事を指します。

しかし日本ではCBDアイソレートにTHC以外のカンナビノイドやテルペンを後から加えたものもブロードスペクトラムと定義されています。

つまり、CBD以外の成分がひとつでも含まれていればブロードスペクトラムと呼んでいるのです。

例えばCBD、CBDV、CBGが含まれた製品や、CBD、CBNを含む製品など。

CBDと他の成分の組み合わせによって働きやポテンシャルが異なるので、さまざまな組み合わせのCBD製品が流通しています。

似ているようで、はっきりとした違いのあるフルスペクトラムCBDとブロードスペクトラムCBDについてご理解頂けたでしょうか?

どちらの製品もアントラージュ効果の期待できる製品になっているので、この記事をご覧になる前よりも興味を持って頂けたのなら、是非その違いをお試しください♪

以上が、「フルスペクトラムCBDとブロードスペクトラムCBDの違い」についてでした☆彡

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ery

一年程前にCBDと出会い、CBDの良さにのめり込んでしまったMs.CBDマニアです♪様々な知識は勿論のこと、自らの体験談から出てくるCBDの知識を沢山の人に伝え広めていきたいです。 飾らない自然の美しさ、健康、美を常に追求する、ナチュラリスト♪好きな事は、たまにフラッと1人飲み♪やめられない♪

製品情報

Copyright© CBDMANiA , 2021 All Rights Reserved.